鮟鱇共煮

●鮟肝共煮は、を常の通り下処理し、酒で洗い、よく水分を取って鍋に入れ、煎る。薄口醤油、味醂、塩で味を調え、裏漉しする。の身、鮟肝をで包み、かるくフライパンで焼き、裏漉しした鮟肝で共煮とする。 新は常の通り下処理し、含ませる。 水菜は湯掻き、浸し地に漬けておく。 共煮、新筍を美しく盛り、水菜を添え、供す。   ...

鮟鱇鍋

鮟鱇の骨、頭、屑身をぐつぐつ煮ると、濃いスープになりますので、これを鰹出汁でのばします。中には「鮟鱇の七つ道具」が入っています。七つ道具とは肝、ともひれ、ほお肉 ...

津軽焼

津軽焼は、全て青森で獲れる食材を組み合わせて作っているので印象に残るかと思います。通常、林檎は使用せず、クリーム焼という形をとります。青森県が生産量日本一の長芋 ...

鮟鱇揚煮

煮物の鮟鱇揚煮は、すぐお出ししない場合、炊いておくと片栗粉がはがれてしまうので、揚げて地漬にしておき、お出しする時に温めるようにしています。鹿尾菜豆腐は固いと食 ...