桜鱒巻繊焼、筍木の芽焼、牛肉ロースト三種

焼物です。桜鱒巻繊焼は、桜鱒を十㎝幅に縦に切り、観音開きにして打粉をし、玉子に絹さや、人参、木耳を刻んだ物を合わせて芯にし、焼き上げます。そのままだと油が落ちす ...

桜鱒なごり雪、苺酢漬奉書巻、白子筍木の芽味噌

焼物です。桜鱒なごり雪は、苔を表現したくて、木の芽味噌とメレンゲを混ぜ、さらに土筆、独活白煮、姫皮、もしくは筍を賽の目に切ったものを混ぜて焼いています。 苺酢 ...

桜鱒山吹、蛍烏賊マヨネーズ掛け、桜豆腐等

桜鱒山吹は時季の桜鱒を醤油と赤酒で漬け込んでから少し風干しします。生のままだと、跳ねてうまくいきませんが、風干しすると自在に曲がるようになり、旨味も甘みも出て、 ...

百合根・こごみ白和え 手長海老干豆腐揚 桜鱒お壁揚 穴子・山菜巻繊蒸し 蕗・豆腐蕗味噌田楽

前菜の百合根・こごみ白和えは、百合根を薄い塩をあてて焼き、ほのかな甘みを出します。豆腐もその味をころさない程度のあたりしかついていません。慈姑や百合根などは火で ...

鱚竜皮重ね 車海老手毬ぼんぼり和え アスパラ二色羹 姫栄螺練り酒盗和え 桜鱒うるい巻

前菜の鱚竜皮重ねは、鱚を三枚に卸して塩をあて、旨酢で洗います。そして、酒で拭いた竜皮昆布を重ねました。押しが足りないと、切る時ずるずると剥がれてしまうので、重石 ...