伊勢海老強火蒸し、黒鮑騙し煮

伊勢海老強火蒸しですが、活き伊勢海老はそのままでも充分美味しいので、半分に割って酒を振って蒸し上げています。 黒鮑は、騙し煮といって鮑を生きたまま酒と水に入れ ...

地蛤潮煮

▽地蛤潮煮は、蛤はまぐりを水に昆布を差して火にかけ、口が開いたら岡上げし、濾して出汁を取る。  ▽大星、雲丹は、薄塩をし、葛叩きとする。  ▽春大根は、筒型に庖丁し、米研ぎ汁で茹で、水に落とした後、もう一度湯をし、水にさらす。濃いめの昆布出汁に塩、白醤油少々で味を調え、大根を炊く。  ▽生若わ かめ 布は、ペースト状にし、蛤出汁でのばし、塩で味を調える。  花弁独活は、独うど 活を花弁に剥き、色づけしてスライスする。  蛤出汁を塩、薄口醤油で味を調え、蛤、大星、雲丹を手早く炊き、大根に盛り、若布を敷いて蛤出汁をたっぷりと張り、花弁独活を散らす ...

水蛸木の芽和え

▽水蛸木の芽和えは、水みず蛸だこの皮を剥き、骨切り庖丁の要領で庖丁目を入れ、一二〇℃の油で油霜し、冷水に落とす。 蒟こんにゃく蒻は、蒟蒻粉を使い、自家製の物を作り、水蛸同様に庖丁目を入れ、八方炊きとする。野のび る 蒜は、掃除して茹で、八方出汁に浸ける。  吸盤煎餅は、吸盤を昆布出汁に濃口醤油を入れて茹で、岡上げした後、輪切りとし、片栗粉を付けて揚げる。木の芽、青寄せをよく当たり、玉味噌を合わせて木の芽味噌を作り、先の水蛸、蒟蒻、野蒜を和える ...

飯蛸桜煮、飯白煮、海老叩き寄せ、鰊芽巻、蓬麩姫竹巻

●飯蛸桜煮は、飯蛸を下処理し、頭と飯を外し、濃口醤油、炭酸水を使い、桜煮とする。 ●飯白煮は、先の下処理した飯蛸の飯を使い、白煮とする。 ●海老叩き寄せは、粗叩きした海老、海老の擂り身を使い、丸に取り、海老出汁で含め煮とする。 ●鰊芽巻は、ソフト身欠き鰊を米研ぎ汁で二日ほどもどし、掃除して糠抜きし、酒五合、濃口醤油二合、黒糖六〇〇gにて黒糖煮とし、もどして下味をつけた鳴門若布で巻く。  蓬麩姫竹巻は、説明を略す。  管牛蒡、蕗青煮は、説明を略す。  桜花人参は、人参を桜花に剥き込み、含め煮とする。  桜麩、木の芽は、説明を略す。 ...

金目鯛塩麹焼梅花板粕重ね、梅味玉子、海老芋梅鉢

金目鯛塩麹焼ですが、立体感を出して盛り付けてみました。西京味噌に漬けて焼くと身が締まりがちなので、塩麹に漬けて焼いています。身がふんわりと焼けて冷めても固くなり ...

泥鰌新牛蒡有馬煮、巻海老含ませ、新馬鈴薯黄金煮、独活土佐煮

煮物です。泥鰌新牛蒡有馬煮は、大きめの泥鰌を割いて、皮目に味噌汁で霜降りします。新牛蒡を泥鰌に巻いて白焼きし、濃い目の地で炊き、上りに有馬山椒で香りづけします。 ...

桜鯛・菜花昆布〆、蕗小袖寿司、鰯・豌豆豆南蛮漬、白魚・白滝木の芽味噌田楽、葉桜百合根しぼり、笹蓬豆富、飯蛸・鯛の子桜煮

前菜、春宵七点です。桜鯛・菜花の昆布〆は、千枚独活と一緒に器に盛りました。 蕗小袖寿司は、蕗をアク抜きし、色出しして、天に雲丹を盛り付けています。 鰯・豌豆 ...

1236»