小鯛昆布〆雲竜巻炒り子まぶし、大葉百合根白和え、数の子小川添え菜の花唐墨等

まず、季節を感じるものとして風韻です。数の子小川は、数の子を塩出しし、薄皮を綺麗に掃除し、出汁、酒、煮切り味醂少々で含ませます。周りに紋甲烏賊の擂り身をつけ、上 ...

数の子芽巻

●数の子芽巻は、数の子を塩抜きして薄皮を剥き、割醤油に漬ける。生若布は筋を取り、色出しをして八方出汁にて漬ける。味のついた数の子を若布で程よく巻き、庖丁する。 糸三つ葉は色よくボイルし、大根と人参で編んだ紅白網あ代じろは、塩を当て、甘酢に漬けてからあしらう。 ...

貝の海鼠腸和え、春野菜トマトジュレ掛け、松笠床伏、海老カステラ、のし鳥松風、手綱寿司、数の子、田作り、黒豆ゼリー寄せ、萵苣薹西京漬、菜花辛子漬

祝肴は、まず、貝の海鼠腸和えです。海鼠腸の塩分が強いので百合根を合わせてみました。春野菜トマトジュレ掛けは、スプーンゲルで固めてあります。ゲルを使うと溶けにくく ...

松笠烏賊、切り竹早蕗、甘露福羅梅、芽慈姑、牛蒡萬年焚き、静海波百合根、冠雪数の子、蕪菁なます、浸し早蕨、博多羊羹

喰積はおせち料理です。お正月、料理を重箱にたくさん詰めておいて家族で食べ、またお客様が見えた時お出しするものを喰積と呼ぶそうなので、前菜ではなく喰積としました。 ...