海鼠、蟹子、鱶鰭味噌漬、唐墨・銀鰤大根巻、子持昆布塩麹漬生湯葉巻等

海鼠は数日かけて柔らかくもどして両味で含ませます。下には大根卸し、蟹子を混ぜたものを敷き、重ねて盛っています。 鱶鰭味噌漬は、乾燥の鱶鰭を、一週間毎日水を替えて ...

甘海老このこ和え、生牡蠣卵白、北寄貝白和え

●甘海老は剥き、子は火を入れてと和える。 ●生は剥いておく。卵白を泡立てて塩で味つけし、先の牡蠣にのせる。 ●は炙って庖丁する。大徳寺麩は砂糖、醤油で炊き、庖丁する。白和えは木綿豆腐をかるく押し、フードプロセッサーにて砂糖、薄口醤油で味をつけ、以上の品を和える。 ●下仁田葱は蒸し、緑の部分はペーストにし、白い部分は庖丁して盛り付け、を天とする。   ...

津軽焼

津軽焼は、全て青森で獲れる食材を組み合わせて作っているので印象に残るかと思います。通常、林檎は使用せず、クリーム焼という形をとります。青森県が生産量日本一の長芋 ...

北寄貝雲丹だれ焼 鴨肉下仁田葱包み 真鱈たち包み共だれ焼 海老芋信楽焼

今回は焼物をメインに持ってきました。北寄貝雲丹だれ焼の北寄貝を漬けた三同割は、詰めると味がまろやかになりますね。雲丹だれは、雲丹だけですと流れてしまうので、温泉 ...