桜海老九重揚

●桜海老九重揚は、桜海老は生を使い、水洗いしてよく水気を取り、冷蔵庫に広げ、なるべく水気を取り、当り鉢にてよく当たり、卵黄を入れて少々の塩、薄口醤油であたりを取る。畳鰯に打ち粉をし、当った桜海老を薄く塗りつけるようにして重ね、蒸して火を通した後、打ち粉をして薄い白扇衣にて揚げて切る。  小鮎は、打ち粉をして薄い白扇衣にて揚げ、塩を振る。  干子も、打ち粉をして薄い白扇衣にて揚げる。  筍は、炊いて味をつけた後、打ち粉をして薄い白扇衣で揚げる。    楤の芽、木の芽も同じく薄い白扇衣にて揚げ、塩を振る。 ...

福子昆布〆、太刀魚酢〆、平貝昆布〆、青柳湯〆、障泥烏賊昆布〆

菜盛りです。菜盛りは、締め魚と昆布を利かせた浅漬野菜を、一緒に食べていただきます。味が薄い場合は、煎り酒をつけて召し上がっていただきます。うちで昆布締めをする時 ...

才巻海老椦焼、常節薯蕷蒸し、落鮎うるか豆腐、鴨松風焼、大黒占地南蛮漬

前菜です。才巻海老鮞焼の鮞は真子や卵巣を示します。今の時期は鮭の卵巣があるので、市販でも自分で漬けた筋子でも当り鉢に入れて当り、卵黄を入れて固まりをよくして、薄 ...

芋茎素麺

芋茎素麺は、白だつ、青だつを使って色よく2色の素麺にしました。白だつは常の通り湯煮して庖丁を入れ、旨出汁に漬け込んだ後、葛を打ってあたりをとった昆布出汁であおり ...

12»