料理から探す - 会席料理 - 焼物

目板鰈酒盗焼、福子筒焼、月山筍ずんだ和え、桜桃芋寿司

目板鰈酒盗焼、福子筒焼、月山筍ずんだ和え、桜桃芋寿司

焼八寸の福子筒焼は、一回サッと蒸し煮にすることで、中骨が綺麗に取れ、このまま食べられるようになります。蓼味噌は、蓼と白味噌を出汁で割ってあります。渦巻ビーツ麹漬 ...

鮠三味焼

鮠三味焼

●鮠三味焼は、鮠を酒塩焼にし、おねば、蓼を合わせたものをつけ、蓼焼に仕上げる。梅焼は、酒塩焼きした鮠に黄身、梅肉を合わせたものをつけ、仕上げに小梅の微塵を掛ける。油生姜焼は、熱いオリーブオイルに生姜の微塵を入れて生姜油とし、薄口醤油を加え、掛け焼きとする。  蛇籠蓮根は、蓮根を蛇籠に剥き、酢漬にする。三色白玉を小石に見立てる。 ...

雉子胸肉赤茄子味噌漬吟醸香、和風ローストビーフ

雉子胸肉赤茄子味噌漬吟醸香、和風ローストビーフ

●雉子胸肉赤茄子味噌漬吟醸香は、雉子に薄塩をあて、吟醸酒洗いする。西京味噌、かまど味噌、トマトピューレ、吟醸酒粕、煮切り酒を擂り鉢でよく擂り合わせ、ガーゼを使って三昼夜漬け、弱火にて焼き上げ、雉子スープの煮詰めた液を塗って仕上げる。  真菰筍は、オリーブオイルを塗り、竹炭塩を振り、焼き上げ、卸し生姜を添える。 ●和風ローストビーフは、フィレ肉の筋を掃除して針打ちし、塩、胡椒して周り一面をフライパンで焼き、凧糸で巻き締め、野菜を、赤ワイン、白ワイン、味醂、醤油、砂糖に漬けた状態でビニール袋に入れ、七〇℃の湯煎にて三五分蒸し煮とする。冷めたら、その野菜をミキサーにかけ、蒸し汁に合わせ、コーンスターチにてかるくとろみをつけ、洋山葵を加える。  焼蓮根は、オリーブオイル塩を一刷毛塗って焼き上げる。 ...

のど黒柚香味噌焼、木綿豆腐ステーキ

のど黒柚香味噌焼、木綿豆腐ステーキ

●のど黒柚香味噌焼は、のど黒を水洗いして三枚に卸す。酒一、味醂一、醤油一の三同割の汁に玉味噌を入れ、柚子を擂り卸して入れ、柚子味噌汁に二〇分漬け、焼き上げる。 ●木綿豆腐ステーキは、木綿豆腐を八方汁で煮含め、豆腐に焼目をつけてステーキにし、上りに三同割に砂糖を少々入れた物で焼き上げる。 ...

12315»