食材から探す - 肉類

鰻巻焼、地産餅豚・筍山椒味噌焼、新丸十塩蜜、小豆クリームチーズ寄せ、鮎博多寿司、沢蟹南蛮漬、青梅水晶、白ダツ酒盗

鰻巻焼、地産餅豚・筍山椒味噌焼、新丸十塩蜜、小豆クリームチーズ寄せ、鮎博多寿司、沢蟹南蛮漬、青梅水晶、白ダツ酒盗

地産餅豚・筍山椒味噌焼ですが、地産餅豚は麦類を多く配合した餌、水温が一定の地下一五〇mの水を与えて育てていて、肉の味に深みがあり、肉質はきめ細かく、脂身は白くて ...

黒酢豚角煮

黒酢豚角煮

▽黒酢豚角煮は、豚バラ肉を柵状に庖丁し、フライパンで焼き目をつけ、一度ボイルして油抜きする。水、黒酢を合わせ、豚肉、生姜、大蒜、鷹の爪、長葱、酒を入れ、柔らかくなるまでもどす。もどったら氷砂糖を入れて含ませ、醤油を入れてさらに炊き含ませる。  新じゃがは、蒸して裏漉しし、出汁と合わせて調味し、餡とする。  赤蒟蒻は、適宜庖丁し、ボイルしてから八方地で炊く。芽キャベツは、半分に庖丁してからボイルし、吸地に浸けておく。うるいは、ボイルして庖丁し、吸地に浸けておく。赤蒟蒻・芽キャベツ・うるいと共に角煮を器に盛り付けて天に粒マスタードを付けて仕上げる。 ...

黒さつま鶏胡麻味噌焼

黒さつま鶏胡麻味噌焼

▽黒さつま鶏胡麻味噌焼は、黒さつま鶏を大きさを揃えて庖丁し、漬地(酒二、味醂一、濃口醤油一)に十五分漬ける。  椎茸、百合根、隠元、パプリカは、別々にボイルし、吸地に漬ける。赤蒟こんにゃく蒻は適宜庖丁し、ボイルして八方地にて炊いておく。  白味噌、卵黄、当り胡麻(白胡麻をペースト状にした物)、玉素、出汁、生クリームを合わせ、胡麻味噌とする。  下焼きにした黒さつま鶏、野菜等を器に盛り、胡麻味噌を掛けて焼き上げる。 ...

黒さつま鶏治部煮

黒さつま鶏治部煮

▽黒さつま鶏治部煮は、黒さつま鶏をへぎ切りにし、打粉を打つ。  野菜、豆富、簾すだれふ麩などは適宜庖丁し、炊いておく。  治部煮地を合わせ、先の鶏肉に火を通し、他の材料も温める。  打粉で使った同じ粉を水で溶き、治部煮地に入れ、餡とする。  器に盛り付けて餡を掛け、山葵を天に盛り、仕上げる。 ...

黒さつま鶏低温調理

黒さつま鶏低温調理

▽黒さつま鶏低温調理は、鶏胸肉の皮目を金串でまんべんなく刺し、バーナーで炙っておく。鶏ガラでソップ出汁を取っておく。  ソップ出汁を六十五℃に温め、胸肉をその中に五分三〇秒入れ、取り出したらホイルで巻き、常温で置いておく。  肝ソースは、黒さつま鶏レバーを掃除し、水でさらして血抜きし、同量の牛乳で炊き、裏漉ししてペースト状にする。半熟にした玉子を黒酢一、醤油一、砂糖一でひと煮立ちさせて冷まし、裏漉しして牛乳で炊いた肝をペーストにした物と合せて、濃口醤油、砂糖で調味し、肝ソースとする。  黒酢タルタルソースは、茹で玉子裏漉し、玉葱微塵切り(さらして水分をよく絞る)、マヨネーズ、黒酢、胡瓜を小角に庖丁して立塩に浸けた物(水分をよく絞る)を合わせ、塩胡椒で調味する。  砂肝、ハツは、掃除して霜降りした後、ソース煮として形が残るくらいに刃叩きする。  鶏をへいでソース煮を包み、サッと水洗いしたあしらいの野菜と共に器に盛り付け、二種のソースを添えて仕上げる。 ...

まめこぞう紀州蒸し

まめこぞう紀州蒸し

▽まめこぞう紀州蒸しは、黒さつま鶏のソップ地三・五、玉子一・五、新玉葱擂り卸し〇・五、まめこぞうペースト一を合わせ、調味する。  梅は、針打ちして水でさらし、塩分を八分ほど抜いて吸地で炊き、種を取る。  他の材料は、適宜庖丁し、吸地で炊いておく。  地を器に入れて蒸して梅をのせ、紀州蒸しとする。 ...

赤貝・春菜炒り玉子和え、矢羽根長芋黄身焼、年輪春大根、新蓴菜、酒蒸し鮑、抹茶豆腐、鯛粽寿し、塩豚紅茶燻製

赤貝・春菜炒り玉子和え、矢羽根長芋黄身焼、年輪春大根、新蓴菜、酒蒸し鮑、抹茶豆腐、鯛粽寿し、塩豚紅茶燻製

酒菜には緑茶と紅茶を使用しました。赤貝・春菜炒り玉子和えですが、うるいの色がよく出るように風に当ててから土佐酢にくぐらせてよく絞ります。赤貝の赤、炒り玉子の黄色 ...

里芋あられ揚

里芋あられ揚

里芋あられ揚は、ひな祭りをイメージして、紅芋と薩摩芋を小角に切った物を里芋の周りに付けて、あられ揚としています。紅芋と薩摩芋の色をよく出すために、低温の油でゆっ ...

12328»